社会保険労務士試験の受験資格

受験する前にまずは、自分に受験資格があるのかを確認しよう

保険や年金のエキスパートである社会保険労務士は、いま注目の国家資格。
複雑化する年金制度や保険制度により、社会保険労務士の需要が高くなっているのです。

ところで、みなさんは、この社会保険労務士試験を受験するにあたって、
細かな受験資格が定められていることを知っていますか?

受験資格は、主に「学歴」、「実務経験」、「その他の国家資格の合格者」
の3つに分かれ、どれかひとつに該当すれば社会保険労務士試験を受験することができます。

社会保険労務士試験の受験資格

【学歴】

  • 4年制大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者。
    または62単位以上を取得した者。
  • 上記以外の学校で、厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し、所定の課程を修了した者。
  • 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者。

など。

【実務経験】

  • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員、または従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • 国または地方公共団体の公務員として、行政事務に従事した期間および特定独立行政法人、特定地方独立行政法人、または日本郵政公社の役員または職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • 全国健康保険協会、日本年金気候の役員、または従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • 社会保険労務士もしくは、社会保険労務士法人、または弁護士もしくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
  • 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者、または会社、その他の法人の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者。

など。

【資格】

  • 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち、厚生労働大臣が認めた国家資格の合格者。
  • 司法試験第一次試験または高等試験予備試験の合格者。
  • 行政書士の資格を有する者。

※厚生労働大臣が認めた学校と、厚生労働大臣が認めた国家資格の数は膨大にあるため、下記のサイトで確認してください。
詳しい受験資格については↓
社会保険労務士試験 オフィシャルサイト
http://www.sharosi-siken.or.jp/

次のページ >>