社会保険労務士試験攻略法

一般常識2科目

労務管理その他の労働に関する一般知識

<労務管理その他の労働に関する一般知識とは>
この科目は「労働関係法令」「労務管理」「労働経済」の3つの分野から出題されます。

<試験のポイント>
出題範囲がとても広い上に、出題傾向がつかみにくいので、この科目で満点を取ることは不可能といえます。試験科目の中でも1位2位を争う難易度の高さですね。

すべてを学習しようとなると、膨大な時間がかかります。基本書に記載されているものをしっかりと把握し、労務管理用語や法令といった他の受験者も解けるような問題を確実に取っていくことが大切ですね。

また、新聞やニュースなどの労働に関する最新の記事は、常に入手しておきましょう。

社会保険に関する一般知識

<社会保険に関する一般知識とは>
社会保険関係法令、医療・年金の動向、厚生労働白書、社会保障の歴史などのジャンルから出題されます。

<試験のポイント>
労務管理その他の労働に関する一般知識よりは、出題範囲が限られているので得点しやすく、ここでしっかり稼いでおくことが重要です。

最近の出題傾向としては、年金と医療に関する問題が多く、介護や高齢者などの最新の情報も出題されますので、テレビや新聞で話題になっている事柄は把握しておきましょう。

<< 前のページ次のページ >>