業務内容の違いは?

社会保険労務士VS行政書士 業務内容

女性人気の国家資格「社会保険労務士」と独立型資格の「行政書士」。
受験するならどっちが将来的におトクなのでしょう。
業務内容・難易度・年収に分けて調査してみました。

社会保険労務士の業務内容

社会保険労務士は、保険・年金・労務管理などの業務が中心です。
その業務は1号・2号・3号に分かれ、1号と2号は書類作成と提出代行で、
社会保険労務士の独占業務。

3号の年金・コンサルティングは、社会保険労務士の能力が一番発揮できるジャンルといってもいいでしょう。

【1号業務】
書類作成

  • 社会保険や労働保険の加入、脱退
  • 就業規則の作成や変更
  • 各種助成金申請

など、その他多数。

【2号業務】
提出代行

1号業務で作成した書類等の提出代行手続き。

【3号業務】
相談やコンサルティング

  • 労務管理
  • 退職金
  • 年金

などに関する相談、コンサルティング。

行政書士の業務内容

行政書士は書類作成のプロといわれており、主に行政機関に提出する書類の作成を行います。書類を作成し提出することは誰でもできますが、書類作成を仕事とし、報酬をもらうことができるのは、行政書士だけです。

【書類作成】
官公署に提出する許認可等の書類作成

  • 会社設立許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 飲食店営業許可

など多数。

権利業務に関する書類作成

  • 遺言書作成
  • 債権や債務に関する手続き
  • 交通事故示談書

など多数。

事実証明に関する書類作成

  • 会計帳簿
  • 申述書

など。

【提出代行・相談業務】
上記の書類の提出代行や相談。

社会保険労務士、行政書士ともに主な業務は、書類作成や提出手続きです。
ただし、社会保険労務士は保険・年金・労務管理、行政書士は各種許可申請でありジャンルが異なります。

また、社会保険労務士は企業内でも独立開業しても活躍できる資格ですが、
行政書士は独立開業型なので、企業内(法律事務所等は除く)では業務を行うことができません。

将来的にはどちらも活躍できる資格ですが、独立開業を目指すのであれば、
両方の資格を取得して「●●社会保険労務士・行政書士事務所」として開業することをおすすめします。

<< 前のページ次のページ >>