稼げるのは?

社会保険労務士VS行政書士 高収入

次は、気になる年収対決!
稼げるのはどっちでしょうか。

 

社会保険労務士

行政書士

ワークスタイル

企業に勤務する場合
⇒人事部や総務部、社会保険労務事務所法律事務所など。

独立開業も可能。

基本的に独立開業。
(行政書士事務所法律事務所に勤務することはできる)

平均年収

約400万~500万(企業内)
約600万(独立開業)

約300万(事務所勤務)
約600万(独立開業)

社会保険労務士は、企業内でも独立開業することも可能ですが、行政書士は独立型資格のため、企業内で働くことはできません(行政書士事務所法律事務所は除く)。

ですので、会社員が行政書士として業務を行う場合は、会社を退職しなければならないのです。

収入は、どちらも仕事形態によって異なります。社会保険労務士は、企業内で勤務することも可能なので、その場合は一般的な会社員とほとんど変わりません。

独立開業した場合はどちらも条件は同じで、仕事がなければ収入はゼロ。
それこそ年収0~100万の人もいれば、2000万以上稼いでいる人もいますので、個人の能力や営業力、人脈により年収は変動するといってよいでしょう。

<< 前のページ次のページ >>