社会保険労務士 資格取得後の道

自分の目標と照らし合わせて、社会保険労務士の道を歩もう

ここからのコンテンツは、社会保険労務士の就職事情についてお話しましょう。

社会保険労務士の資格を取得後、多くの人が考えるのが「資格をどうやって活用するか」ということ。

現在、企業の総務部や人事部に勤めていて、資格を取得したのであれば、その後もそのまま勤務することができると思いますが、資格を取得後に転職となると、改めて勤務先を探したり、開業準備を進めなければなりません。では、資格取得後はどのような道があるのでしょう。

社会保険労務士 資格取得後の道

●一般企業の総務部や人事部に社会保険労務士として転職
中小企業であれば、多少求人はあるかもしれませんが、大企業の場合はほとんど求人は期待できません。なぜなら、すでに大企業の総務部や人事部には、社会保険労務士がいるからです。

社会保険労務士として転職する場合、一番優先されるのが実務経験です。
募集欄に未経験可と書かれていれば別ですが、基本的には即戦力が求められるため、企業の求人あてにするのは、やめておいた方が賢明です。

●社会保険労務士事務所や法律事務所に転職
実務を覚えるには、これらの事務所で働くのも手です。
ただし、もともと求人数が少ない上に、正社員というよりはパートでの募集が多いため、給与水準がかなり低く良い条件で働くことは厳しいといえます。

「それでもとにかく実務を」というのであれば、営業等も覚えられるので、将来のために経験を積むということを考えれば、ひとつの手段だと思います。

●いきなり独立開業
もちろん可能です。ただし、この場合は、社会人経験がない人はやめておいた方が無難です。なぜなら、成功するか否かは個人の営業力と人脈にかかっているからです。

いずれにせよ、事前にしっかり開業準備を進めておかなければ、いきなり独立開業することは難しいでしょう。

<< 前のページ次のページ >>