勤務社労士とは

一般企業に勤務し、業務をこなすのが「勤務社労士」

「いきなり独立開業するのはちょっと抵抗が…」という人には、勤務社労士という道があります。社会保険労務士が一般企業に勤めた場合、総務部や人事部に属して、社会保険の手続きや就業規則の作成、給与計算等の業務を行います。

行政書士などと違って、一般企業に就職できるのも社会保険労務士ならではですね。

勤務社労士の年収

社会保険労務士といえども、いち会社員なので、給料形態は企業によって異なります。基本的には、給与+1~3万の資格手当。勤続年数や能力によって差はありますが、それほど高収入は見込めないかもしれません。

ただし、社会保険労務士として実績を積んでいけば、人事評価が上がり結果的に昇格・昇給に繋がることはあります。

また、勤務社労士はリストラに合いにくいという特権があります。
企業において、社会保険労務士は需要が高く、経営陣から経営についての意見を求められることもあるため、幅広く活躍できるからです。

「自分は冒険をせずに、安定を求めたい」という人には、勤務社労士が合っているかもしれません。

<< 前のページ次のページ >>