社会保険労務士試験 受験~資格取得までの流れ

受験~資格取得までの流れをしっかり把握して準備をしよう!

社会保険労務士を目指すなら、試験の受験~資格取得までの流れを把握しておくことはとても大切なこと。
とくに合格後は、講習や登録等がありますので要注意です。

受験申込書の受付期間
例年4月中旬~5月末日
郵送の場合は簡易書留郵便で、試験センターの窓口でも受け付けています。

試験日
例年8月第4日曜日または第5日曜日
平成22年度は8月22日(日)

試験時間
選択式試験⇒10:30~11:50
択一式試験⇒13:10~16:40

試験形式
筆記試験。マークシート。

合格発表
例年11月上旬
平成22年度は11月5日(金)

合格後は…

社会保険労務士試験に合格すると、有資格者となることができますが、
社会保険労務士と名乗るためには、登録をしなければなりません。

実務経験が2年以上の者
⇒登録申請書に必要事項を記入して、各社会保険労務士会で登録の手続きをすればOKです。

実務経験が2年以下の者。または実務未経験者
⇒事務指定講習を受けなければ、登録できません。

事務指定講習とは…
厚生労働大臣認定の講習。登録要件である2年以上の実務経験に代わる資格要因を満たすためのものであり、修了すると社会保険労務士として登録することができます。

内容は、約2カ月間で、実務で作成する書類を提出し、その後4日間のスクーリングがあります。それらすべてが終わると、修了証が渡されますので、その修了証を持って各社会保険労務士会に登録します。

<< 前のページ次のページ >>